自転車+音楽

私は今30代前半なんですが、年をとったなあ、と感じるのが、「若い子が自転車に乗っているのを見た時」です。ただ乗っているのならいいんですけど、「イヤホンをしながら乗っている」のを見た時には、「ああ、若い」と思うんです。

高校生はよくやってますよね、気に入りのアーティストを聞きながら、すごく気持ち良さそうな顔をして自転車を漕いでいる。私にも覚えがあります。高校の行き帰りは「チャリ通」で、片道30分はかかりましたから、音楽は必須でしたね。でも、いつからでしょうか、この「自転車に乗りながら音楽を聞く」ということが出来なくなったんです。

単純に、怖くって。「周囲の音が聞こえない中で自転車に乗るなんてよく出来たな」って今は思ってしまうんですね。車に引かれるかもしれないし、自分が誰かを引くかもしれない……色々考えてしまって。要は大人になって用心深くなったというか、臆病になったんでしょうけど。
これが若いと、「でも自分なら反射的に避けられる」って過信があるから、平気で「自転車+イヤホン」が出来てしまう。でも、あれすごく気持ちいいのは分かります! ただ、事故には注意して欲しいなあ、と老婆心で思うのでした。
日常生活の気づきを書く日記